ながら掃除で大掃除が不要に?

大掃除なんてしなくてもOK!ながら掃除術

ながら掃除を成功させるコツ

既に蓄積した汚れ

これまでご紹介した掃除方法では、定着する前のゆるい汚れを落とすことはできますが、すでに蓄積している頑固汚れには不十分かもしれません。
1、2日の汚れを落とすのは簡単で、キレイな場所ほどキレイに保ちやすくなります。
逆に、汚れが蓄積している場所はサッと拭くだけではキレイにならないため、簡単な掃除だけで部屋を保ちたいなら、一度リセットする必要があります。

「これを最後の大掃除にする」という気持ちで「完璧にキレイな場所」を増やしていきましょう。
週末に窓の桟のドロドロを除去したり、コンロの焦げを落とすなど、一か所ずつでいいので徹底的に掃除しましょう。
「一度キレイにしたら、明日以降の掃除が楽になる」と思って、各場所につき1回だけ頑張ってみてはいかがでしょうか。
また、その「1回」を業者に頼むのもおすすめです。

毎日の掃除で汚れを落としきれなかったら

忙しくて「ながら掃除」ができない日や、毎日掃除するには大変な場所もあると思います。
しかし、これを放置してしまうとまた「大掃除」をしなければならなくなります。
こういう場所は、「毎日」ではなく「毎週、もしくは毎月」やると決めておくのがおすすめです。

たとえば「この曜日はトイレ掃除をしっかりとやる」と決め、最低でも1週間に1回はその場所がリセットされるという仕組みにすると、いつの間にか汚れが溜まっていた…ということが起こりません。

また、月に1回、今まで大掃除でやっていた場所を綺麗にするという手もあります。
トイレのタンク内や、お風呂の換気扇カバーの中、カーテンの洗濯など、毎週やるには手間な場所を1か所だけやる日を決めて実行してみましょう。
トイレなら「いつものトイレ掃除をするついでに」やったり、カーテンなら「窓掃除のついでに」やるのがおすすめです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る